逆光のエノコログサ

精神的な問題

悩む女性

ストレスを感じる

精神的なストレスが一番ストレスとして実感しやすく、意識しやすいものです。精神的なストレスの原因は様々ですが、人間関係や、職場での問題など様々です。一つの言葉によってもずっと心に残っている事で、ストレスが蓄積されてしまうこともあります。精神的なストレスは物事が上手くいかない時にも感じます。基本的にその時、不快になる、または嫌だと感じる時に精神的ストレスを感じるのです。精神的ストレスが蓄積されていくと、他のストレスも合併して増幅していってしまう可能性も大きく、さらに体の不調にも繋がっていきます。うつ病といえば、この精神的ストレスのみが原因だと思われてしまいがちですが、実はそうではなく、他のストレスが合わさってしまうことによって悪化していくことが多いです。そのためにストレスで体に不調を感じた時には、精神的ストレスのみでなく、体の体調を整え、健康的な生活を送ってみるようにも心がけることが大切です。

緩和していく方法

うつ病の原因として一番感じやすい精神的ストレスですが、この精神的ストレスを緩和する方法は原因となる元を解決するか、しばらく離れることでしょう。人間関係の問題がうつ病の原因と感じたならば、その人間関係から一旦距離を置くことも大事です。例え家族関係だとしても。うつ病の原因となっている場合には、しばらく距離を置いた方が改善に向かいやすいといわれています。しばらく一人になりたいと感じた時には、思ったようにしてみるというのも、うつ病の原因を取り除く一つの方法なのです。一人の時間を作るようにし、ゆっくりと体を休めるということが大事でしょう。

さまざまな原因があるのです

うつ病の原因はさまざまなことがあげられます。感情的につらい出来事があって精神的ストレスを受けた場合や、体のバランスの崩れだけでなく、遺伝や薬の副作用が原因になる場合もあります。 また、最近では加齢による影響もあることがわかってきました。 高齢者のおよを6人に1人がうつ病を発症するといわれています。高齢者は退職をして家にいる時間も多く人と話す時間も少ない場合があります。 自分でおかしいと思ったら、かかりつけ医に相談することが簡単な方法です。どこか調子がわるいときや、検査のついでに話すこともできます。相談だけであれば無料ですし、場合によったら治療薬をもらえます。保険診療なので、数週間の薬代でも数千円ですみます。

核家族が多くなったことも要因です

現在は少子高齢化の時代です。こどもが少なく、お年寄りが多いおのが特徴です。加齢によってうつ病を発症するひとのなかには、若いときに経験した人もいます。また、高齢になってはじめて発症するパターンもあります。 いままでは、大家族も多く、お年寄りになってもこどもや孫と住むことも多く、食卓もにぎやかな家庭が多かったのです。お年寄りも、孫と話す機会が多く、また頼りにされていたのでうつ病とは無縁の場合も多かったのです。しかし、いまでは、核家族化がすすみ、お年寄りが夫婦だけや、ひとりで暮らしている世帯も多いのです。 そうなると、人と話す機会もへり、社会から断絶されてしまいがちになり、うつ病の原因となることも考えられます。また、仕事をしていない場合が多く、経済的な不安などもうつ病の原因となることがあります。