逆光のエノコログサ

体の歪みからも

医師と看護師

構造的ストレス

構造的ストレスとは、体の歪みからくるストレスのことを指し、意識していないうちにストレスを貯めこんでいることが多い部類のストレスに入ります。うつ病の原因となるストレスの中でも原因が判明しづらく、厄介だともいえるストレスです。この構造的ストレスは、体の歪みから体に段々と負担が掛かることによって、脳に歪みの情報が伝わることによって、脳がストレスを感じてしまうのです。脳がストレスを感じることによって、体に不調が生じるようになり、さらに体が歪む結果となるのです。体の歪みは主に頭蓋骨やアゴ、全身の筋肉、是骨、そして骨盤が原因となります。これら以外にも、全身の内蔵や脳を支える膜組織の歪みも歪んでしまい、構造的ストレスの原因となります。理由は特に思い当たらないのに、体調が悪くなってしまうことや、気分がすぐれないことがある場合には体が歪んでいないかどうか確認しましょう。

体の歪みを治す

うつ病を治療する方法として最近、整骨院などの治療も効果的だといわれています。これは、ストレスの原因となる体の歪みを改善するからでしょう。精神的ストレスを取り除いても、体の調子が悪く、うつ病の症状が抜けない場合には、体の歪みが原因である場合があります。日頃から正しい姿勢を心がけるようにし、体に負担をかけないようにすることで、うつ病の予防にも繋がっていくのです。普段座りっぱなしで業務を行っている人など、同じ体制を撮り続けている人は注意しましょう。

ストレスが最も大きな原因

うつ病の最も大きな原因はストレスです。環境の急な変化や仕事でのプレッシャーなどはストレスの原因となります。現在は以前に比べて人間関係が希薄になりつつあります。そのため、悩みを誰にも相談できずにうつ病の原因となるストレスを抱える方が今後は増えていくことが予想されます。 うつ病を予防するにはストレスをこまめに解消することが大切です。しかし、人間関係が希薄になりつつある現在では、悩み事や不安に感じていることを誰かに相談することは難しい状況になっています。悩みや不安を誰かに話すことは大きなストレス解消となります。しかし、それが難しい状況ということは、一人でストレスを抱え込むことになってしまいます。そうなると、結果的にストレスはどんどん大きなものとなってしまいます。

現在はストレス社会である

現在は、うつ病になる方がたくさんいらっしゃいます。そのため、まずは現在社会はストレス社会であるということを自覚することが大切です。そして、悩みや不安を自分一人で抱え込まないようにする工夫が必要です。周囲に相談できる人がいない場合には、カウンセリングを利用することが良い方法です。現在は悩みや不安を一人で抱え込む方が多いため、今後はカウンセリングを利用してうつ病の原因となるストレスを解消する方が増えていくものと考えられます。 うつ病の原因となるストレスは、溜め込んでしまうと解消することがどんどん難しくなってしまいます。そのため、早めにカウンセリングを利用したり、自分なりのストレス解消法を見つけることがうつ病対策としては大切になってきます。